Desperately Seeking Donors

 寄付・骨髄ドナーを急募                                                              

For Aidan’s latest click here / エイダン最新情報はこちら

Aidan has leukaemia and needs a bone marrow transplant. Otherwise the prognosis is very poor. Without treatment he will not live another year.

No sibling was a match and no suitable donor was found in Japan because of his ethnicity. As a long-term resident of Japan, he is no longer eligible for treatment in the UK, his home country.  The only hope left for him is a world-wide search, a process not covered under the Japanese National Health Insurance. Aidan needs at least ¥3, 500, 000.

Our immediate goal is to help Aidan and his family. Money will mean he can proceed with a life-saving transplant.

Getting foreigners, especially Caucasians, to register as donors might just mean Aidan finds a donor here in Japan. Sadly he is not alone and there is a desperate need for donors of any ethnicity. We hope many of you will go through the painless procedure of registering as a bone marrow donor. You could save someone’s life.

エイダンは白血病で骨髄移植を必要としています。移植なしの場合、予後はとても悪く治療しなければ余命が一年以内と言われています。

血縁者ではHLA型が一致せず、非血縁ドナーも人種が異なる日本では見つかりませんでした。日本での在住期間が長いため、出身国の英国では保健医療が受けられません。唯一残された希望は、海外ドナー検索のみ。海外ドナーからの移植は、日本では保険適用外の治療となります。必要になる費用は、少なくとも350万円に上ります。

当面の目標は、エイダンとその家族を助けること。寄付金が集まれば、命を救い得る移植を受けることができます。

多くの在住外国人(特に白人)がドナー登録すれば、エイダンのドナーが国内で見つかるかもしれません。悲しいことに、骨髄ドナーを必要としているのはエイダンひとりではありません。多人種のドナー登録が切実に必要とされています。登録は痛みを伴うことではありません。多くの方々が骨髄ドナー登録をされることを願っています。あなたが救い得る命があるのです。